住宅ローン
審査の注意事項

TOP ローンの繰り上げ返済 返済期間の変更
返済シュミレーション 金利プランの比較 比較サイトも参照
ローン申請の前に 住宅ローンを比べる 借入審査の諸注意

ローン審査で気をつける点

住宅ローンというのは金融機関が融資を行う相手が信用できるかどうかを検証するためのものです。 この審査では自分の収入だったり、勤務状況や資産などの他にも他に借り入れをしていないかも審査されます。 もちろん、消費者金融だったりクレジット会社からのキャッシング、自動車ローンなども審査の対象となっていきます。

もしも、ローンを滞納していたり、キャッシングの履歴などがあったりしてしまうと審査も通過しにくくなってしまいますので、ローン審査の注意点としてそういったことには気をつけましょう。 キャッシングをきちんと完済し、カードそのものを解約したりする方がプラスになりますし、車ローンなども完済すると住宅ローンの審査も通りやすくなります。 また、ローン審査の注意点として、必要な書類などをきちんと準備をしておく必要があります。 本人確認が必要な免許証やパスポート、健康保険証のどれかを用意しましょう。

他には公的証明を用意し、年収を証明する所得証明が必要となっていきます。 これらは市役所などに行けば発酵してくれますので、事前に用意をしておきましょう。 これらもローン審査には欠かすことのできない書類となっていきますので、きちんと準備をしておくと良いと思います。

ローン審査の関連リンク

新生銀行住宅ローン審査甘い?人気の借り換え!【デメリットは?】
新生銀行の住宅ローンは非常に人気が高いので目にしたことがある方も多いと思います。金利 矢諸費用が安いこと、そして借り入れの条件がいいことで人気となっているんですが、逆に言うと条件が言い分だけ審査は厳しくなるんだとか。なので新生銀行住宅ローンの審査についてしっかりと調べたい方も多いらしいです。そんなときに役に立つ情報サイトを見つけました。
住宅ローンを比較する際に重要なのが金利の水準だけではなく、トータルコストで比べるということ。金利が少し安くても諸費用が高ければその金利の差はすぐに逆転してしまいます。その点でも例えば借り手にはメリットのない保証料という制度を使わず、団体信用生命保険料保険料は銀行側が負担し事務手数料は一律5万円と諸費用が低く抑えられるパワースマートは有利なのです。

Copyright 代表取締役の住宅ローン審査攻略