住宅ローンは
総合的に比較する

TOP ローンの繰り上げ返済 返済期間の変更
返済シュミレーション 金利プランの比較 比較サイトも参照
ローン申請の前に 住宅ローンを比べる 借入審査の諸注意
誰でも通る住宅ローン ARUHIのフラット35

住宅ローンの比較要素

銀行の住宅ローンは金利で比較する際に表面上の金利でしか比較をしない人が多いですが、それだけではいけません。 住宅ローンを取り扱っている会社の標準金利や最優遇金利などの数字で比較をするだけでは損をしてしまう場合もあります。 ですから、表面金利には出てこないような金利を比較することが特に大切になってくるのです。

では住宅ローンは金利で比較するポイントというのはどこかというと、金利優遇を受ける際に関わってくる条件をクリアできるのかどうか。 また、手数料や保証料などの金利はいくらなのか。 こういったことを踏まえて、きちんと比較をしていきましょう。 これらが住宅ローンの金利を比較する正しい方法となりますので、きちんと覚えておく必要があります。

金利で損をしないためにも表面金利には出てこないような要素などを比較していきましょう。 それによって安心して住宅ローンを組むことができるはずです。 表面金利以外の実質金利などを比較することも大切なので、そういったことも比較しやすいような金利などが会社ごとに載っているサイトを利用してみるのも良いかと思います。

住宅ローンは金利で比較するのも大切ですが、もちろん他にも金利優遇条件や利便性なども比較してみましょう。

Copyright 代表取締役の住宅ローン審査攻略「自営業でも借りれる住宅ローン」