代表取締役の
住宅ローン審査

TOP ローンの繰り上げ返済 返済期間の変更
返済シュミレーション 金利プランの比較 比較サイトも参照
ローン申請の前に 住宅ローンを比べる 借入審査の諸注意
誰でも通る住宅ローン ARUHIのフラット35

経営トップの住宅ローン審査申し込み

これから新築一戸建ての購入を考えている人もいると思います。 なかには代表取締役の住宅ローン審査になると何か影響があるのかと心配になる人もいるかと思います。 実際、中小企業の代表取締役の住宅ローン審査というのは法人と個人一体での審査となるので察して影響はないそうです。

ただ、一般的な会社員とは違い、審査なども大変にはなってくるそうです。 その理由としまして、毎月頂いている給料と同じぐらい会社の業績なども代表取締役の住宅ローン審査として含まれるからだそうです。 実際に代表取締役の方で住宅ローンの申請をした方がいましたが、その際に会社の三期分の決算書や納税証明書などを提出することになったそうです。 その決算書で三期連続で「黒字」出していないと、ローン審査が通過しない場合もあるそうです。 もしも会社が借り入れをしているメインバンクがあるのならば、その銀行で住宅ローンについて相談してみるのもまた良いかと思います。

特に問題がないようであれば審査がスムーズに通る場合もあるそうです。 ですから、まずは会社のメインバンクの方で住宅ローンのことを相談してみてはいかがでしょうか? または、顧問税理士の方に住宅購入のことで相談をしてみるのも良いかと思います。 税理士の方と一緒に取引銀行に融資の相談に行かれるのも安心ですし、力になってくれるはずです。 中小企業だからという理由だけで審査がマイナスになるわけではありませんし、会社自体が黒字経営であれば住宅ローンも組むやすくなっています、 中小企業の役員の場合、当該企業の実績で役員の収入も変わってくるものです。 住宅ローンで特に重要になってくる審査の項目の一つとして借り入れの人の収入が安定し、継続をしているかが大切になってきます。

なので、会社の経営様態が堅実であれば、会社の大きい小さいなどは関係がないと思います。 代表取締役の住宅ローン審査だからといって、立場で不利になることはありませんし、肩書きを変える必要もありません。 会社がきちんと黒字経営を続けているかが大切になってきますし、審査に必要な書類の決算書や納税証明書を提出しましょう。 そして、会社のメインバンクがあればそこで住宅ローンについて相談をしてもらった方が審査もスムーズに進んでいくと思います。

金利が低い今のうちに住宅ローンを組んでおいた方が総額で支払う金額も少ないでしょうから、早め早めに行動をしておきましょう。

 

経営者・自営業者の住宅ローン審査は甘いのか?厳しいのか?

将来、新築を希望しているが十分なお金を準備できないそのような時こそ、中古の住宅ローンを考えてみましょう。

ですが、必ず確認しておきたい点がいくつかあります。

一つは返済期間が新築の場合と比べて短くなってしまう点です。

一度使用してある物件のために耐久性が考慮され、通常よりも10年ほど早めに求められるケースが多いです。

良い面だけでなく、合わせてデメリットも把握しておかないと反対に一月に支払わなければならない金額が高い場合もあります。

改装して綺麗にしたいという場合には、そのお金も合わせていくらになるのかを事前に確認しておきましょう。

どこの会社の住宅ローンを選ぶかこれも大切なポイントですが、変動金利か固定かを選択しなければならないので難しいのです。

参考:自営業の住宅ローン審査が通りやすい銀行は?【借り換えは基準甘い?】

固定金利は、景気に左右される事なく決められた金額を払うだけで計算もしやすいだけでなく、総返済額も正確に分りるからです。

しかし、変動は毎月の返済金額が異なるために返すべき残高も推測でしか計算する事が出来ません。

けれども、比較的低金利といわれる時代のせいなのか調査によると40%の方が利用しているそうです。

このような調査結果も出ているので、一つの資料として参考にし比較検討して納得できる方法を探せると良いですね。

まだ経営者向けの住宅ローンが残っているのに離婚するような事になったら、未払い分の返済の責任は誰にいくのでしょうか。

ことに幼いお子さんがいる方は、ローンはもちろんの事、夫婦としては別れても子供を養う責任があります。

第一に支払いの義務は誰にあり契約内容がどうなっているか確認し夫と妻両方が合意できる契約を結びましょう。

どちらも住まないのであれば家を売却してお金にするという場合、査定金額よりもローンの方が大きくなってしまうと、どちらかが残りの返済を迫られることになります。

こうした場合も考慮して検討してみてはいかがでしょうか。

これから経営者向けの住宅ローンを組む予定のある方は、手続きのために必要な諸費用を細かく調べておくと良いでしょう。

今までの口コミでもおよそ1割程度かかっているようです。

利息の安さに惹かれて申し込んでみたものの、借入れした金額に計算していなかった諸費用を合わせてみたら、それほど変わらなかったという事もあります。

そういう理由で、細かい費用も合わせて総合的にいくらになるか全て計算してから考えてみるべきなのです。

具体的な例を挙げると保証料や繰上げ返済が無料の銀行は、想像していなかったところでお金がかかる場合も考えられます。

住宅を購入する事を考えていらっしゃる方も多いと思います。

購入するには、まず経営者向けの住宅ローンを組まなくてはいけません。

経営者向けの住宅ローンはネットバンク・銀行・信用金庫などの金融機関から申し込みが出来ます。

住宅ローンを組むには、まず審査・金利・諸費用がかかります。

審査時間はだいたい1週間前後のことが多い様です。

金利の決定は契約を結んだ月の金利になります。

諸費用の計算は、借入金額によりますが数百万単が一般的です。

早く欲しい!と思っても自分の物になるまで必要な事をクリアしていかないといけません。

すべての契約が終わるのはだいたい3〜4カ月後だと言われています。

将来、家を建てる予定のある方も既にローンの申請が終わった方も気をつけたいのがオーバーローンにならないようにする事です。

どんな理由があっても住宅を購入するために用意されているので、異なる目的での利用は認められず申請しても通りません。

それにより、用意すべき費用はいくらなのか?仲介に入ってくれる方にもよく確認しておきましょう。

万が一、こうした違反が発覚してしまった場合中を取り持った会社もクビになるだけでは済まないのです。

以上のような危険性やデメリットもあるので、後悔しない納得のいく選択を心がけましょう。

そろそろマイホームかな・・と考えたとき銀行などから申し込みができる住居購入時の貸付が頼りになります。

申し込みの後は、初めに審査がありそれをパスしない限り、次の契約には進めません。

重要な判断材料はお給料の事や勤続年数、仕事内容などがあります。

さらに、カードローンの利用歴もチェックされるケースが多いので仮にマイホームの購入を今後検討しているのであれば無謀な使い方はやめましょう。

できれば使わないのが一番良いです。

住宅購入する際、支払いを1回で済ませる。

といったパターンは世間的には数少ないでしょう。

多くの方は銀行等から経営者向けの住宅ローンを借金するのが普通だと思います。

借金の支払いをするとき、何が一番大変か?という事を聞くとやはり、毎月の支払の事を言う方が多いです。

数年で終わるものではなく、たいてい数十年単位の支払をし続けなければいけません。

その間、変動金利にしている場合は世の中の金利事情も気にしなければいけません。

人生は突然何かが起こるものです。

けがや病気をするかもしれません。

ですので、リスクも考えつつ購入を考えてください。

住宅を建てるためには、いくつかローンがありますが、中でもつなぎ融資という借入れ方法をご存知ですか。

これは、新しい家を建てるために必要な経費が不足している場合、応急的に、借りることで補うローンの事なのです。

原則として、住宅の完成からローンが始まるようになっているので建設中の間は、そうした融資を受ける人もいます。

ただし、この融資は利息が非常に高く日割りで計算されるため一刻も早く、本名のローンを組まないと大変な事になります。

まずは信用できる銀行を探し、しっかりと内容を確認した上で今後も長く利用できるように計画をねっていきましょう。

近い将来、家族と住むためのマイホームを建てたい方費用にいくらかかり、全部でどれ位の期間が必要なのか詳しく知りたい方はシミュレーションをお勧めします。

特別収入が入った時にそれを利用するのかどうか、金利や返済開始月など細かく条件を設定できるので、準備すべき経営者向けの住宅ローンの金額が分るので計画を立てやすいです。

どこの会社も無料で算出できるサービスが豊富なので、気になる商品があれば試してみると良いですね。

ただ、これが明確な数字ではないので注意しましょう。

不安な点などあれば、直接確認しておきましょう。

Copyright 代表取締役の住宅ローン審査攻略「自営業でも借りれる住宅ローン」

リンク…住宅ローンのQ&A